Be Happy!~幸せになるために~ ホーム »ロジー
カテゴリー「ロジー」の記事一覧

ロジー、元気ですか?  

今日、2月9日はロジーの命日です。
食いしん坊の子らしく、ニクの日に天に召されました。

あれからもう4年ですって。
嘘みたいです。


ロジーが初めて我が家にやって来て、初めて撮った写真です。


IMG_2425.jpg


とても険しい顔をしています。
剣がある、とでもいうのでしょうか。
こちらのことをじっと見て観察しているお顔ですね。

ロジさん、うちに来た時は本当にガリガリでした。
肋骨が浮き出て、被毛もボサボサです。
今までどんな環境で暮らしていたのかな。



IMG_2432.jpg



ロジさんは、リンのことが大好きでした。
ロジーが来た頃は、すでにリンはよたよたで足腰もかなり弱くなってトイレまでたどり着けないのでオムツをしてました。
そんなリンにいつも寄り添ってくれてました。



IMG_2443.jpg



お正月は実家にも一緒に帰りましたよ。
ここでもリンと一緒に日向ぼっこです。
本当に仲良しさん。



IMG_2464.jpg



少しお家に慣れて来たけど、未だにカドラーの使い方を間違えてるロジさん。



IMG_2469_2017020923231855d.jpg



でも寝顔は天使です。




IMG_2470_201702092323428ad.jpg



いよいよ寝たきりになったリンのそばに寄り添う2ワン。
これ、やらせでもなんでもなく、本当にこういう風に寄り添っていたんですよね。
この時はロジーがリンより早く旅立ってしまうなんて思ってもいませんでした。




IMG_2471_20170209232343e7e.jpg


リンがケージを使っていたので、そのすぐ横にカドラーを置いてあげていました。
とっても可愛いお顔。
私の好きな写真の一つです。
最初の人お顔が全然違いますよね。




IMG_2485_2017020923234501c.jpg



ケージの中にいるリンと一緒にいるロジさん。
本当にリンのことが好きだったんだなあ。。



IMG_2489.jpg



この写真も好きな一枚です。
両手を揃えてとっても可愛いの。




IMG_2497.jpg



これはおやつで釣ってるとこ(笑)
こんなキラキラした目ができるんです。
肝臓のガンに栄養を取られていたせいか、いつもお腹をすかせてて食欲いっぱいのロジーでした。




IMG_2525.jpg


そして、これが生前の最後のお写真です。
もっといっぱい撮っておけばよかった。。



IMG_2539.jpg




そして今日のロジー。
みーんなと一緒にいます。
ロジー、リン、いぶき、むうちゃん。



roji.jpg



ロジーは我が家にたった2ヶ月ちょっとしかいなかったのだけれど、とても存在感が大きくて
亡くなった時もあまりに突然すぎて。
本当に後悔ばかりです。
もっともっと楽しいことがあることを教えてあげたかった。
愛されるということを知って欲しかった。
本当の家族を見つけてあげたかった。
もっともっと幸せにしてあげたかった。

ロジーが尻尾ブンブン振って喜んでいる姿を見たかった。

今はどうなんだろうな。
いつか私が虹の橋に行った時は、ロジーに会えるのかな。
会いたいな。ロジー。








ロジー、またね。
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ



スポンサーサイト

category: ロジー

tb: --   cm: 0

この1週間・・・  

あっという間にロジーの初七日も過ぎました。
早いなあ。



ロジーは今、我が家のダイニングテーブルの上を占領しています(笑)


Img_2563


ロジーに一番に会いに来てくださったくむさん花梨ちゃんお預かり中)、お花を贈ってくださった、ケイトさん、あみママさん、みずママさん、みわさん、バーバMIKOさん、Jenny。さん、協力病院の皆様。
ロジーに持たせてくださいと、写経を送ってくださった、けいせつさん。

一緒にお寺さんまで付き合ってくださったKeikoさん。
ロジーがお骨になるまで、2時間あまり。一緒にいてくださって本当に心強かったです。

この他にもメールやブログのコメントからお言葉を頂いた皆様。
本当にありがとうございました。

ロジーは幸せものです。 


こうしてバタバタ過ごしていた最中、またもや訃報が。

あーささんお預かりだったコパンも虹の橋へと旅立っていきました。
本当に急な出来事だったそうです。
コパンはシーズーMIX?というかコパンはコパンで。
あまりダックス預かり以外には知り合いがいないはっぴーですが、コパンはツボで、気になる存在の子でした。

去年のGWに開催したBBQにも参加してくれたんだよね?。



Img_0846



里親会でも、いつも存在感ばつぐんのコパン。







Img_0087_2





Img_0137_2





Img_1565_2





Img_1570_2





Img_2258_2

コパンは本当にかわいくて、濃いキャラだったなー。
どうしてもコパンに会いたくて、あーささんにムリを言って仕事帰りにお家に寄らせてもらいました。
コパンはとても穏やかなお顔で、本当にそこで寝ているだけみたい。
がんばったね、一足先に行っておいでって話しかけました。

コパンがお空に帰っていった日。
11時の空です。



Img_2556


今ごろ、ロジーと合流したかなあ。
お互い犬は別に?って感じだから、それほど仲良くもしてなさそうだけど、まあ世間話くらいはしてみてよ。
きっと共通の話題があるよ。



また会おうね。

さて、気持ち新たに生活をスタートしなくちゃな。



ロジーもコパンもステキな旅を


のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
















category: ロジー

tb: 0   cm: 2

ロジーのご報告  

最初に、たくさんの方からのあたたかいお言葉、本当にありがとうございます。
ロジーはこんなにもたくさんの方に見守ってもらっていたんだと、本当にありがたいの一言につきます。

こうしてお声をかけて頂いた方、またこのブログの向こうで応援してくださった方々に対して、ロジーに起きたことはきちんとご説明しないといけないなと思います。
少々、長くなりますがお付き合い頂ければと思います。


過去にブログでお伝えしたように、ロジーは引出し後の健康チェックで肝臓の数値が異常値を示しており、その後の検査で肝臓がんであることがわかりました。

肝臓がんは一カ所が肥大化しており、大人の握りこぶし程の大きさにまでなっていました。幸いな事に、がんの転移はみられず、外科手術の適用内だということ。ただし、最終的な判断はCTを撮ってからの判断という事。
ともかく、今はご飯をしっかり食べて、ガリガリだった体重を増やして手術に耐えれる状態になってからということでした。

その後、CTを撮り先生に見て頂いたところ、肝臓内にある大きな血管を腫瘍がまきこんでいる可能性があるということ、もしかすると腫瘍は全部取りきれないかもしれないということをご説明頂きました。
でも、このまま放置すれば、じきにこの血管が巻き込まれ押しつぶされて血流がとまり、臓器に大きな損傷をあたえるであろうということ、また現時点でも正常な臓器を押しつぶしており、時間とともにそれが臓器の働きに影響を及ぼすであろうという事。
現時点で取れる腫瘍を取ってしまえば、高齢なロジーにとっては、取りきれなかった腫瘍の肥大化より先に、寿命がくるのではないかということでした。

これらの説明を伺い、会にも報告をしてロジーの幸せのためにも手術をしましょうということになりました。

そして手術当日、最後の術前検査。
心電図やレントゲン、血液検査をして、手術には問題ないだろうということで、ロジーをお願いして病院を後にしました。
その後、事務局に寄ってロジーの為の療法食やご近所の預かりさんへのご支援物資を頂きました。
手術は2時ごろに終わるということだったので、事務局で待機していたのですが、なかなか電話がかかってきませんでした。
先生のお邪魔になってはと、それからも待っていたのですが、3時を過ぎても連絡がなかったので、病院に電話をしたところ、30分程前に手術が終わって、今麻酔から覚めだしているということでした。
ただ、腫瘍がまわりの臓器にかなり付着しており、それの剥離にかなりの時間がかかったこと、それにともない出血もかなりあったこと。そしてやはり腫瘍は全ては取りきれなかったことをお話頂きました。
そして、麻酔から覚めるのが少し遅いこともあり、今夜は何かあった時の為に連絡がつくようにしておいてください、ということも言われました。

これらのお話はすべて事務局にいた代表にも報告をし、とりあえずは自宅に帰る事にしました。

その後、ご支援品をご近所の預かりさん宅に分配し、夕飯の買い物をしてもうすぐ家というタイミングで電話がなりました。
院長先生からで、ロジーの体調が急変したので急いで来てくださいということでした。わかりましたと返事をして電話を切ったすぐ後に、また病院から電話があり、輸血出来る子をお願いしますということ。また私も輸血出来る子もどれくらいでこれますか?と聞かれました。
この時点でかなり危ない状態なんだと悟りました。

電話のあと、すぐに代表に連絡をし、輸血できる子の病院への搬送をお願いして、私は病院にとんぼ返り。こういう時に限って首都高は渋滞。
イライラしながらも、電話をもらって1時間ほどで病院に到着しました。
すでに夜の8時前でした。

すぐに処置室に連れて行ってもらったのですが、そこには人工呼吸器をつけたロジーが待っていました。
先生いわく、
麻酔からは一度覚めて意識はもどったものの、起き上がる事もなく、血圧もかなり不安定だったということでした。1時間前に電話をもらった時点で呼吸が止まり、心臓も止まったということ。その後の処置で心臓は動き出し、人工呼吸器でかろうじて心臓が動いている状態だったそうです。

私が駆けつけたとき、ロジーの心臓は動いていたけれど、意識はもうなく、人工呼吸器を苦しそうにはめていました。
ロジーに一生懸命話しかけました。

がんばるんだよ。
これから幸せになるんだから!

でもそれからすぐにロジーの心臓は止まってしまいました。
先生がずっと心臓マッサージをしてくださいました。
その時にケイトさんが輸血をしてくれるわんこを連れて来てくださいましたが、もうロジーはもちませんでした。
先生が心臓マッサージをし続けて30分。
2月9日の8時すぎ。
ロジーは逝ってしまいました。




その後、代表も駆けつけてくださいました。病院に連れて来た子以外のわんこから輸血用の血を持って来てくださっていたんです。
でも残念ながら間に合いませんでした。

こうしてロジーは天使になりました。

いっぱい後悔はあります。
ああすればよかった、こうすればよかった。
どうして手術が終わった時に会いに行ってあげなかったんだろう。
手術をしなければ、今もロジーは元気にしていたのに。。。







でももうロジーは逝ってしまったのだから。
今私に出来る事は、ロジーをちゃんと弔ってあげること。

今日、簡単ですがお寺でお経をよんでもらい、荼毘にふしてきました。
頂いたお花と、ロジーへと頂いた写経。ごはんと一緒に空へとのぼっていきました。

130211_154748


今は我が家に帰って来て沢山のお花とともにいます。



Img_2553


ロジーは我が家に来て1ヶ月あまり。撮った写真も本当に少なくて・・・。

でも一番わたしが気に入っている写真を遺影にしました。
みなさんも、このロジーを覚えておいてくださると嬉しいです。



Img_2486


かわいい、かわいいロジー。
ロジーはたくさんの人に愛されたんだよ。
ロジーは確かに生きていた。
ロジー、愛してるよ。


たくさんの方からコメントやメール、そしてお花も頂きありがとうございます。
本来はお一人お一人にお礼を言いたいのですが、この場でお礼のお返事に変えさせて頂ければと思います。

ロジーを応援してくださった皆様、そしてアルマスタッフの皆さん。
本当に本当にありがとうございました。








category: ロジー

明日、おくります  

ロジーは明日、11日に葬儀をしてもらうことになりました。



明日の15時頃、満身創痍の身体から解き放たれ、空へと帰って行きます。
もし、空をみる機会があればロジーのことを思い出してもらえたら幸いです。



category: ロジー

ロジー  

ロジーは今日、天使になりました。





手術、うまくいくようにとお祈りしてくださっていた皆さん、ありがとうございました。でも、その祈りを神様は聞き届けてくれなかったようです。




ロジーは最期までがんばってくれました。




詳しくはもう少し落ち着いたら書かせてもらいますね。


ごめんなさい。

category: ロジー

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop