Be Happy!~幸せになるために~ ホーム »わんこ
カテゴリー「わんこ」の記事一覧

そして春が過ぎ去る  

いや、すみません。
それしか言いようがありません。

仕事が忙しすぎて全くブログ更新できておりません。

ご報告をしますと、ロミさんは無事に正式譲渡となり、てまりさんの妹として
元気に元気に過ごしております。

里親さまからいただいたお写真、少しだけ。。


S__4456454.jpg
S__4456455.jpg
S__4456456.jpg
S__4456457.jpg


いや〜ん、可愛すぎです。
最後のお写真なんて、キュン死ですわ。
ちなみに手前がてまりん。奥の子がロミさんです。

あ、そうそう、お名前ですが
手毬は手万里(てまり)、ロミは杏花里(あかり)となりました!

里親さまが、楽しいブログを書いて下さっています。
よろしければぜひのぞいて見てくださいね!



咲季のさっくりお話しましょ
スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 0

えーっと、何からお話すればいいのか・・・  

本当に久しぶりの更新で申し訳ございませんm(__)m

えーっとですね。
実は、我が家に預かりっ子がおりまして。。

仮の名前は、ロミと申します。


IMG_6221.jpg


アルマ通の方は、ピンときたかもしれませんが、以前代表がブログに書いていた子です。

1人暮らしの飼い主が病気になり入院。
残されたダックス2頭。そのうちの1頭がロミさんです。
ちなみに、もう1頭の子はのんももさんちでご縁待ち中です~


で、2月中旬から我が家に滞在していたロミさん。
我が家から卒業していった、手毬こと、手万里さんちから、姉妹をと言われていたのをいいことに
何の相談もなく、ロミをてまさんちに紹介しよう!っと鼻息荒く預かりに手をあげたものの。
実際のロミさんは、前情報になかった斜頸があることが判明。



IMG_6212.jpg



わかりますかね、少し左に傾いているのが。
よくワンコが首をかしげる動作をしますが、ロミさんの場合はそれがずーっと。
つねに小首をかしげながら私を見ます(笑)

私は自称変態なので、斜頸でもそれほど気にはなりません。
あらら、かたむいちゃってるけどかわいいね♪ってなもんです。

斜頸の原因は過去の経緯などが分からないため不明ですし、もしかしたら脳腫瘍の可能性もあります。
普通の人なら好き好んでは選ばない子なのかもしれません。
自称変態ですが、一般的な考え方は理解しているつもりです。



IMG_6288.jpg




まあ、張り切って預かりに手をあげたし、斜頸だけどかわいいし。
きっとそのうちご縁はみつかるさ~。と思っていました。

でもね、そこからさらに事情がかわりました。

ロミさん、声をかけて呼んでもノーリアクションなんです。
まあまあはちゃはちゃと元気な子なので、最初は環境が落ち着かずに
気がそぞろになってるのかな?くらいに思っていたのですが
ある日、仕事から帰ってくると、ケージの中でロミさんが爆睡をしていました。
あら、若いと眠りも深いのかしら?と最初は思っていたのですが
その後、ドアをバタバタしても、電話がかかってきて横で話していても起きない。

こりゃ、聞こえてないなと確信しました。

ここまでだと耳が遠いっていうレベルじゃないね。



IMG_6277.jpg



斜頸の原因になりえる一因が慢性的内耳炎ということ。
耳が聞こえないのはその影響なのかもしれません。

斜頸の原因を突き止めるためにはMRIが有効なんだそうです。
これで内耳炎由来のものなのかがわかるそうです。
でも100%の確率で原因がわかるわけではないらしい。
でも原因が特定できないと、治療を始めるわけにもいかない。

ご存じとは思いますが、MRIを撮るのには全身麻酔と10万円程の費用がかかります。
みなさんからのご厚意で頂いているご寄付を保護犬猫たちにたいして
どこまで使うべきなのかは毎回考えていることです。
ロミさんの場合は緊急性があるわけではなく、普通の飼い主でも判断が分かれるところだと思います。
ましてや保護犬ですから悩ましい。


IMG_6226.jpg



みたいなことをぜ~~~~~~んぶ、てまさんのママさんにお伝えしました。
斜頸だし、耳が聞こえない。
原因を突き止めるためのMRIも難しいかもしれない。

まあ、いろいろ難ありだったわけですよね、はっきり言っちゃうと。



でもね、ママさんはしっかりしっかりご家族ともお話合いしてくださり
てまりのこともしっかりしっかり考えてくださり
やはりご縁があると思うのです、と言ってくださいました。

この子のことを聞いた時からご縁がつながった。
いろいろとあるかもしれないけれど、それでもこの子をてまさんの姉妹として
迎えたいと言ってくださいました。



IMG_6242.jpg



耳が聞こえないことは前の子で経験があるから気にはならない。
斜頸についても、それが気になるということよりも、自身が体験したことがないので
悪く考えた時に自分たちがロミの症状に対応していけるか、という部分に若干の不安があると
正直にお話してくださいました。
そりゃそうですよね。
前の奈々ちゃんの時にとても大変な介護生活をされていたママさんだからこそ
真剣に最悪の時、どうするのかとしっかりと向き合ってくださっているのだなと。
そこまでしっかりと考えてくださっているのだなと感じました。


IMG_6261.jpg



あとはアマアマ一人っ子生活を満喫していたてまりさんが受け入れてくれるかどうかですが
そこは問題なさそう。
うちのようちゃんとも、まあまあそつなく過ごしてましたし、ロミさんも対犬問題なし。


お腹の避妊の傷が癒えたころにお嫁いりですよ!!




category: わんこ

tb: --   cm: 2

収容情報なし  

東京都動物愛護センターの収容動物情報のHP。
昨日から、こんな状態です。



スクリーンショット



残念ながら、ネコさんのほうは数匹収容されていますが、犬の収容はゼロです。
もちろん、だからといってセンターに犬が一匹もいないというわけではなく、過去に収容されて
引出しを待っている中型犬は何匹も残っています。

それでも、こんな寒い時に放浪している子がいないというのは嬉しい。
数年前はこんなふうに収容動物がいないなんてこと、考えられませんでした。
表面的なことだけれども、単純に嬉しくてご報告です。

category: わんこ

tb: --   cm: 0

新年初引き出し  

今年初の東京本所の引き出しがありました。
年明けすぐに収容されたダックスさんです。

収容時のお写真。不安そうなお顔です。



dax.png



ダックスチームはお陰様でたくさんのご縁が繋がっていて、預かりスタッフは少しだけのんびりムード。
もちろん、君も引き受けられますよ。

期限が切れ、私が動けるタイミングで引き出しとなりました。

センターの職員さん曰く、最初はビビリさんかと思ったけど、どんどん人懐こくなってとてもいい子ですよと。
センターで初対面。



IMG_6130.jpg


近い近い。
構ってもらえるのが嬉しくて仕方ない。
そうだよね、人が大好きなんだよね。



IMG_6128.jpg



写真では少し寂しそうなお顔ですが、実のところは嬉しくて尻尾ブンブン。
撫でてると、お腹も〜っとごろ〜ん。

いや、つい30秒前に初めて会ったばかりですけど〜。
とーってもフレンドリーな子です。

職員さんにも甘えます〜

IMG_6121.jpg


この後、クレートにもすんなり入ってくれて近くのサロンまでミニドライブ。
すこ〜しだけヒンヒンと鼻鳴きしてたけどこんなの静かな方だわ〜。

サロンで綺麗にしてもらって預かりさんのおうちに移動しました。

君はご縁が早く決まりそうだね。
幸せにな〜れ。



そして現在収容中のプードルさん。

pu.png


こんなになるまで放置されて、挙句に捨てられる。
どうにかならないのですかね。本当に。
収容期限が切れないと、トリミングもできないので今もこのままです。
かわいそうに。
飼い主なんて現れなくていいから、早く鎧を脱げるといいね。




category: わんこ

tb: --   cm: 4

遅ればせながら・・・  

新年あけましておめでとうございます!

年末の挨拶もしないまま、気が付けばすでに仕事始め。
今年もあっという間に時は流れていきそうです

昨年末はセンターの最終日、28日に本所に残っていた子をわっさりと引出しました。
その前日、27日には多摩支所からわっさり。。

アルマスタッフ、年末年始も休まず頑張っています!!

特に本所から出したのは10歳オーバーのトイプじいさんたち。

o0480054014100237433.jpg
o0480060014100238277.jpg


毎度思うのだけど、この年になるまで10年以上一緒に暮らして、なぜ捨てることが出来るのか。
本当に理解できません。
ま、理解しようとも思いませんが。

上のお写真の子は、すみれさんちにプチっとしてから、本預かりさんのお家に移動予定。
銀次郎という、しぶいお名前を頂きました!


下のお写真の子は、メロンママさんがお預かりです。
初めてのシニア預かりで、すっかりシニアの魅力にとりつかれているみたい(笑)

シニアーずだけど、とてもかわいい2わんです。
ご理解のある里親様に巡り合えますように。


そしてオマケのように、生後7ヶ月程のポメくんも出しました。


o0480063414100238983.jpg

この前日に引出しの確認でセンターに連絡をしたら、実は先ほど持込みがと。
飼い主死亡で、親族も飼いきれずに持ち込まれたということ。
うーん、その飼い主さんは若い人だったのかな。
不慮のことだったのかな。1人暮らしだったのかな。
だってまだ7ヶ月。ペットショップで買ってきっとまだ半年もたってないでしょう。
なんだかやりきれないけれど、当の本犬は仔犬らしさ全開でとってもかわいい。
君はあっという間に決まりそうだね!


そして、新年が明けましたが、もう早々に引出の検討が始まっております。
今年は愛護法改正の年だし、少しずつわんにゃん達を取り巻く環境が
よりよくなるよう私達も頑張らないとですね。

今年も自分に出来る範囲でしかないのですが、精いっぱいがんばりますよ!!
アルマの応援、どうぞよろしくお願いいたします!!!

category: わんこ

tb: --   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop