Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »東京センターでの多頭崩壊案件

東京センターでの多頭崩壊案件  

東京センターで小型犬が18頭収容されました。
多頭崩壊です。
昨日その一報を聞き、下見も予定していたので、ひとまず写真だけでもと今朝センターに行って来ました。



IMG_5522.jpg



18頭。
これ、少なく感じるのはもう頭がおかしいんでしょうね。

東京センターを経由しての多頭崩壊ってあまり記憶にありません。
今回は行政が主導となり、18頭の収容にこぎつけました。




IMG_5523.jpg



近隣住民の苦情が入り、数年前から保健所の担当者が話をして来たそうです。
最初は家にも入れず、取りつく島もなかったそうです。
それでもじっくりど時間をかけて、やっと今回の18頭の収容までたどり着きました。




IMG_5524.jpg



この子達は全て♂です。
それほど高齢の子はいませんが、飼い主曰く15年前から飼っていると。
ということは、その頃から飼っていた子達はどうなってしまったのでしょうね。



IMG_5525.jpg



多頭あるあるで、みんな初めての他人、環境にパニックで、団子状態で固まっています。
大きめの子用の犬舎にみんなで入って、こちらをプルプルしながら見つめて来ます。
近隣からの苦情は吠えだったそうですが、犬舎でのこの子達は声もでず、ひたすら震えるだけです。



IMG_5526.jpg



職員さんに許可を得て、犬舎の中に入らせてもらいました。
逃げ惑う子、体調が良くないのかうずくまったままの子、怖いけどクンクンしに近寄って来てくる子。
でも、みんな表情がなく尻尾を降ることもありません。




IMG_5527.jpg



チワワ系、マルチ系、ジャック系。
なんのMIXだかわかりませんが、皆小さめで2キロない子から6キロくらいの小さめの子たちです。
近親交配だと思われますので、何かしらの障害もあるかもしれません。
でもこの子達のせいじゃないです。




IMG_5528.jpg



この子は右前足が欠損していました。
どうしてこうなったのか、生まれつきなのか、喧嘩などで傷ついて腐り落ちたのか、他の子に食べられたのか。
多頭あるある。強い子は残り、弱い子は淘汰されていく。
野生の王国じゃないんだからさ。そんなことあっていい訳ない。
どの子にも幸せになる権利がある。



IMG_5532.jpg




アルマでは6頭の子を引き出す予定です。
センターには命の期限を決められている子達がたくさんいます。
この子達だけではない。
今できる、精一杯を。

明日も、詳しい情報を確認しにセンターへ。
そして預かりさんとのマッチング後、金曜に引き出し予定です。


スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop