Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »多摩センターの子たち

多摩センターの子たち  

先日書いた、多摩センターの収容わんこたち。




IMG_5762.png
IMG_5761.png



とあるところから、この子たちは「あの」多摩川河川敷のわんこではないかと。

わかりますか?

「あの」


ある愛護団体のブログで何度も出てきていたわんこたち。
タイトルは「多摩川のわんこたち」ということで書かれています。
私もたまにそのブログをのぞいていました。

多摩川河川敷に違法で建造物を建て(掘っ建て小屋レベルです)そこで犬を20匹ほど飼っている。
その周りはゴミが散乱し、時には犬を放しているため、口咬事故が起きている。
犬は水をもらえず、狭いケージに入れられている。もちろん、外なので夏の暑い日、冬の寒い日も
そこでしのぐしかない。
そして、日常的に飼い主というおじいさんから暴力を受けている。
もちろん、登録も医療措置も全くされていない。


残念ながら、この案件は某テレビ局で取材したにもかかわらず、その問題のことよりも
取材時のヤラセの方が大きく報じられてしまい、本質を伝えられなかったと感じています。

結局、行政もお役所仕事で犬は所有物なので勝手に押収はできないという。


は?

そもそも、ここは個人の土地じゃないし、不法占拠でしょ。
じゃあ、そこを取り締まりなさいよ。
じゃあ、愛護法で取り締まりなさいよ。


この案件に関わっていた団体さんが、どんなに訴えても埒が開かなかったようです。


その子たちが今、収容されている。
犬がブログの写真と一緒だし、疑いようもないです。


センターにどういう経緯かを聞いても、詳細は教えられませんの一点張り。


先日の台風で多摩川はかなり増水して近隣には避難勧告が出ていました。
おそらくその影響なのだと思います。

それでもセンターは詳細は語れないと。


なるほど。
それで、この子たちはどうするんでしょうか。
所有者であるおじいさんが放棄したのか。

それなら、有料持ち込みということで収容情報には掲載されないはず。

全くもってわかりません。
そして、私たちにもなんの説明もしてくれません。


いいんです、別に。
どんな事情があろうと。

でも、この子たちの期限が切れた時、どうするのでしょう。
愛護団体に引き出してもらうのでしょうか。
それならば、きちんと彼らのバックグラウンドを伝えてもらわなければなりません。
その後の対応方法や預かりさんへのアサインに関わってきます。
引き出してくる犬とそれを受けることができる預かりさんのマッチング。
私たちはそういうことも考えて引き出しを決めています。
そこは会と預かりさんの信頼関係。
そしてセンターと会との信頼関係も必要です。
そういうことがちゃんとできての、信頼関係なのではないかと思います。


そういえば、以前書いた本所での多頭崩壊の際、「予約」された子がいるという話。

今週、時間ができたので期限が切れた子たちを下見にセンターに行きました。
前回の多頭っ子たちの引き出し以来でした。

すると、多頭っ子のうち、一番シニアの男の子が残っている傍に、小さな可愛い同族の子が。
他団体さんが「予約」した子でした。

この子たちが収容されたのが9月26日の夕方。
その翌日に下見に行き、翌々日28日の午前中に預かりさんを確保して引き出しに行きました。
その時にはもうすでに「予約」されてた子です。

なぜこの子が残っているのか聞くと、オファーを出した団体があって、その後はどうなんだろう・・・
と、職員さんもわからない様子。

もう1ヶ月ですよ。

アルマで出した子はもうトライアルが決まっている子もいます。
そんな中、すぐに里親さんが決まりそうな子が、よくわからないまま放置されている。

一体どうなっているのか確認してくださいと職員さんにお願いし、その日は引き上げました。
その後、期限が切れていた高齢のチワワと、どすこいダックスくんを引き出せることになり
その連絡をした際に、再度職員さんにどうなっているか聞きました。
オファーを入れた他団体さんにやっと連絡がつき、出したい気持ちはあるけど
お迎えまでもう少し時間がかかる。
他の団体さんで出してもらえるなら、という返事をもらったということ。

・・・・いや、言いたいことはたくさんあります。

どうしてここまで放置することができたのか。
私には理解ができないということです。


早く決まる子ならなんとでもなる。
預かりさんを確保して、週明けにチワワばあちゃまとどすこいダックスと一緒に引き出します。
少し遠回りしたけど、やっとふかふかお布団で寝れるね。


まだセンターには、同族のシニアくんもいるし、高齢トイプ、ダックスもいます。
なんとか出してあげたいのだけど、ご縁が遠そうな子ばかりを引き出すこともできません。
特にダックスは個人的に気になるけれども、今はシニアダックスのご縁が止まってしまって
なかなか受け入れが難しい。
いつも苦しい気持ちでセンターを後にします。


せめて、引き出したラッキーボーイ、ガールたちに1日も早く素敵な家族を見つけてあげること。
精一杯、預かりさんが頑張っています。


なんだか今日はとっちらかってしまった。。

週明け、引き出したらブログ更新します!












スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop