Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »被災動物をレスキューするためにできること

被災動物をレスキューするためにできること  



刻々と震災の被害が報道され、想像以上の大惨事となっていて心が苦しくなります。自然の驚異をまざまざと見せつけられた思いです。
全国各地からはもちろん、世界から救援の手が差し伸べられています。私でも出来ることをと、出来るだけ節電を心がけています。

そしてやはり気になるのは人間と同じく被災した動物達のことです。避難所にはペットをつれては行けません。泣く泣く家族同然の子たちを置いて行かれた方も多いでしょう。残された子達もどれだけ不安なことでしょう。寒くはないだろうか。お腹はすいてないだろうか。お水は飲めているだろうか。

このような子たちを助けるための団体があることを知りました。以下Wikiからの情報をまとめました。



緊急災害時動物救援本部は、大災害時などで被災動物を救護救済する事を目的に設立された団体。
阪神・淡路大震災では、パソコン通信が普及しつつあった事により全国の人が現地の情報を共有でき、そのためにこれまでの災害ではあまり注目されていなかった動物の被災にも目が向く様になった。兵庫県南部地震動物救援本部が設立され、多くの義援金とボランティアが集まる事となった。
この兵庫県南部地震動物救援本部のノウハウと資材と資金を引き継ぐ形で、1996年に緊急災害時動物救援本部が設立された。

緊急災害時動物救援本部は、政府が認可した公益法人である動物愛護団体4団体と、日本獣医師会の計5団体によって組織されている。

社団法人日本獣医師会
財団法人日本動物愛護協会
社団法人日本動物福祉協会
公益社団法人日本愛玩動物協会
社団法人日本動物保護管理協会


災害発生時には、主に次の様な活動を行う。

被災畜主の支援(飼料や資材の提供・相談・動物の治療など)
被災畜主からの動物の一時預かり
迷い動物の保護と治療
里親の募集

自治体の要請に応えて、自治体が行うこれらの動物救援活動を、緊急災害時動物救援本部がバックアップする形になる事が多い。
これらの活動を行うために緊急災害時動物救援本部は、平時から基金を持ち、資材が備蓄されている。





各協会のHPを確認しましたが、日本動物愛護協会のみ情報更新されていました。現在被害状況の把握、ならびに支援要請について確認中のようです。
14日追記~日本愛玩動物協会のHPに追加情報がアップされました。

緊急災害時動物救援本部が動き出した所で、私に出来る事をしていけたらと思っています。仕事があって現地には行けないけれど、タオルや毛布、シーツ、新聞紙など、現場ですぐに役立つものをまとめて送ることくらいは出来そうです。

この他にも動物愛護団体が動き出しているという情報もありますが、行政機関が動き出してくれればそれが一番安心だと思います。阪神・淡路大震災の経験を生かし、素早い対応をしてもらいたいと思います。
この件については、情報がわかり次第アップしていきたいと思います。

こういう不測の事態の際の、唯一の命綱が迷子札だと思います。今は電話が不通で連絡が取れなくても、飼い主の連絡先さえわかればきっと会える。やはり常時装着は心がけるべきですね。

各地で救助を待っている方々はもちろんですが、被災動物たちにも、一刻も早く救助の手が差し伸べられますように。










電源を切る、これも一つのボランティアです
のワンクリックを!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
スポンサーサイト

category: わんこ

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

茨城まつこさま

はじめまして。
そちらはまだまだ余震も激しく不安な日々を送られていることかと思います。
はたからは「たかがペット」と思われることでしょうが、私たちからしてみれば大事な家族ですよね。
今後もお気をつけてお過ごしください。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2011/03/14 14:09 | edit

No title

茨城です。家は無事でいることが出来てワンコと離れずに済みました。私はその時仕事で家を離れていて、子供達も心配でしたが、家で1人でいるワンコもホントに心配でした!正直こんなに心配すると思ってませんでした。もし、余震などが来て離れ離れになったりしたら……どうかどうかうちのワンコを助けてください!監察札には主人の名前と携帯、住所を書きました……

茨城まつこ #79D/WHSg | URL
2011/03/13 19:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/305-7bfaae32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop