Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »カエラちゃんの残された時間

カエラちゃんの残された時間  

6月の頭、飼い主持込ということでCATNAPに引き取られたダックスの女の子。



Kaera1




これから幸せになるんだよ、という願いをこめておめでたい方にあやかり、カエラというすてきなお名前をもらいました。
でも、引き出してすぐの健康チェックでお腹の中に腫瘍がみつかりました。
詳しく検査をしたところ、脾臓に腫瘍が出来ていたそうです。そしてその腫瘍はハイグレード型の悪性リンパ腫でした。
足の方にまで転移しており、残念ながらもう外科的処置は出来ないそうです。




Kaera2








余命1ヶ月と宣告されました。




この病気が見つかったから飼い主に持ち込まれたの?お金がかかるから?
10年も一緒にくらしていた子を捨てていくの?




詳しくは小梅さんのブログ→小梅ロマンチカで。





今カエラちゃんは代表の家で過ごしています。体調は悪くなったりよくなったりのようです。
体に負担のかかるような延命治療はしない方針ですが、残された時間を少しでも苦しむことなく過ごせるように。
みなさんのお力をお貸しください。



Cart02lolipop



こちらからも受け付けています↓。
●郵便口座  00180-3-48026  小さな命を救う会
●銀行口座  三菱東京UFJ銀行 小岩支店 (普)1694800 小さな命を救うネットワーク



カエラちゃんの残された時間が幸せなものになりますように。





スポンサーサイト

category: わんこ

コメント

No title

沙羅さま

苦しんでいる子を看取るのはとてもつらいですよね。
でもそこまでするのが本当の愛なんだと思います。
きっと苦しかっただろうけど、ラブちゃんもお母さんが一緒にいてくれて安心して虹の橋へと旅立ったんではないでしょうか。

最後の時間を一緒に過ごせてよかったですね。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2010/07/02 12:18 | edit

No title

ちゃぷこままさま

すてきな広場があるのですねー。
こんなところで遊べるワンズは幸せですね!

カエラのこと、いろんな方に知ってもらいたいです。
ブログなどでご協力いただけたら幸いです。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2010/07/02 12:15 | edit

No title

ぶらんママさま


つらい体験をされたのですね。
一緒に暮らした子を安楽死というかただの窒息死なんですけど、殺すという選択をするのは、私には理解できません。
ぶらんママさまも本当につらい気持ちでいぱいだったのでしょう。

そんなお話を伝えてくださってありがとうございます。

でもそのタロくんがフィッグの命を救ったのかもしれませんね。

もっとセンターの現実を広めていくことが大事なんだなと思います。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2010/07/02 12:13 | edit

No title

はじめまして。
カエラちゃん・・・・。

私の家でも先日ラブラドールの雌11歳9カ月の子が脾臓からの悪性癌で全身転移の為、亡くなりました。

1度手術をし、全身転移が発覚しました・・・。

余命2ケ月・・・。

最後は肺の転移で、呼吸困難・・・。
呼吸器のどこかの血管が切れたらしく10分間くらい血を噴き出しながら苦しみ、ソファーの上で永眠しました。

最後まで看取ることができましたが、あの元気だった頃の愛くるしい目が、死を前にして苦しむ姿は非常につらかったです・・・。

ずっと声をかけ・・・
体をなでて・・・

私の愛おしいコ・・・
涙がとまりませんでした。

ずっと愛してると伝えました。


カエラちゃんの残された時間が幸でありますように・・・。

沙羅 #79D/WHSg | URL
2010/07/02 10:04 | edit

No title

はっぴーさんこんにちは。
カエラちゃんのこと、見てきました。
すこしですが、お手伝いさせてもらいますね。
あと、転載ってしてもいいのでしょうか。

ちゃぷこまま #79D/WHSg | URL
2010/06/30 16:05 | edit

No title

カエラちゃんのこと…
26日のhimeさんのブログで知っていました。

コメを書くことに躊躇していました。

昨年8月に実家でカエラちゃんと同じような事がありました。
実家のシーズー♂タロくん…
普段日曜日には実家に行かないのですが、その日はたまたま日曜日に実家に行きました。
父がタロについて話し始めました。
タロは重度イボ痔で再手術が必要でしたが、両親は再手術を1年ぐらい放棄していました。

それは安楽死…
私は説得し月曜日に獣医さんに行くと約束してくれました。
それを信じて帰宅しました。
水曜日に勤務中に母からTELがあり、話していても様子がおかしい…
帰宅後、連絡したら父は母を透析通院の送り終えた後、タロを連れて獣医に行くはずが…
父が向かった先は保健所でした。

父は言い訳をしていました。
タロが辛いだろうし、そんな姿を見ていられない…
だから安楽死を選んだ!

本当にそうだったのだろうか?
なぜ私にもう一度、相談してくれなかったのか!
父の話では翌日施行する言われていたので、私に連絡があった時には既に遅く…
今思うと日曜日に実家へ行ったのは、生しの知らせ?
タロが私へSOS発信したのを気付いてあげる事が出来なかった…

そんな出来事の後にCATNAPのHPを知り、
タロを救えなかった代わりにフィッグを迎えました。

保健所という安楽死を選んだ飼主はきっと、
安楽死とは言葉とはほど遠い現実がある事を知らないんでしょうね…

カエラちゃん!
無理しない程度にガンバって、
楽しい思い出を沢山作ろうね!

ぶらんママ #79D/WHSg | URL
2010/06/30 12:09 | edit

No title

バーバMIKOさま

ラヴィはお疲れでしたが、若いのであっという間に復活しました。。。

カエラちゃん、きっと前の飼い主のこと今でも好きなんだろうな。
最後までどうして一緒に暮らせなかったんでしょうね。
悔しいです。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2010/06/30 11:22 | edit

No title

ずっきーさま

本当に自分が何も出来ないって切ないですね。
せめて残された時間を楽しく過ごせたらと願うばかりです。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2010/06/30 11:20 | edit

No title

はっぴー様、こんばんは。

先日の里親会でラヴィさんは
イイコイイコ攻めだったようですね。
・・・画像のお顔、チョッピリ迷惑そう?
きっと戸惑っていたんでしょうね。

ミカちゃんとの対面も果たし
とりあえず一区切り付いたことでしょう。

ささ!幸せ探しの本番ですね!
今でも充分に幸せそうですけどね!

カエラちゃんのこと・・・・
26日のhimeさんのブログにて知りました。

アタシは病気になったから捨てられたの?
クリクリした目が訴えているようで
涙が止まりません・・・・

代表さんのもとで穏やかな日々を
出来るだけ長く過ごしてほしいと願うばかりです。

カエラちゃんのママは
後悔の涙を流しているのではないでしょうか。
でも、せめて
そのぐらいのことは、してあげて欲しい・・・

カエラちゃん、ゆっくりゆっくりね!

バーバMIKO #79D/WHSg | URL
2010/06/29 21:48 | edit

No title

カエラちゃん・・

飼い主さんとは最期までの縁がなかったけど、CATNAPさんとの縁が待っていたね!
大丈夫!もう寂しい思いをしなくていいんだから

アーチの母さんはカエラちゃんに何もしてあげられないけど、、一日でも長く普通に暮らせる日が続きますようにとお祈りしてるよ

カエラちゃん・・かわいいね
助けてあげたいよ

ずっきー #79D/WHSg | URL
2010/06/29 20:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/427-d266e399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop