Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »頑張っている子がたくさんいます

頑張っている子がたくさんいます  

さきほど、代表のブログを見て本当に驚きました。

ダックスのメリーさんが大変なことになっている。。。

乳腺腫瘍からの骨肉腫という、極めて珍しい症例だそうです。
一度キレイに腫瘍も取れ、その時点での転移は見られないということだったのに。
シニアだから、万が一転移したとしても、進行はゆるやかに進むのでは、などと素人考えでいました。

メリーに残された時間はわずかかもしれないそうです。
なんだか本当に悔しいし切ない気持ちでいっぱいです。

実は、メリーさんに骨肉腫がみつかり今後は定期的な通院が必要なこともあり、はっぴー家で過ごせませんか?というお話を頂いていました。
先日もブログで書いた通り、先住のリンが抗ガン治療をしていることもあり病院には隔週で通っていますし、リンの状態も安定してる。そしてメリーさんはシニアですからそれほどハチャハチャでもなくシニアの館のはっぴー家には問題なかったので、一緒にのんびり過ごそうとお返事をしていました。
でも、プチのつもりでお預かりして頂いていたばろんさんがそのまま預かってくださるということで、我が家に来る事はなかったメリーさん。でも一度はうちにと思った子ですから、今回の話を聞いてやはり気持ちが乱れてしまいます。

お預かりしているばろんさんもどれだけツライ思いをしていることでしょう。
せめて、メリーに残された時間を楽しく痛みなく過ごせたらと祈る事しかできません。




そして、皆さんすでにご存知かと思いますが、pinoさん預かりのルルちゃんも今病気と闘っています。
詳しくはpinoさんのブログを見て頂ければと思いますが、なんとかルルちゃんに最善のことをしてあげたいという気持ちで、大きな手術を受ける事になりました。

これを乗り越えられればルルちゃんはもっともっと長生きできるかもしれない。もしかしたらまた歩けるかもしれない。

大きな手術ですので、ルルちゃんにも大きな負担になると思います。
でもこれを乗り切れればルルにとってステキな未来が開けるかもしれないのです。

そして大きな手術ということはやはり費用もかかってくることになります。
もちろんルルだけではなく、治療を必要としている子がたくさんいます。
シニアを中心に、常に60匹あまりもの保護犬を抱えているアルマは医療費の支出が多いのが実情。決して過剰な医療措置をしている訳ではなく、いつも慎重に病院にかかるべきか否かを考えています。だって、皆様からお預かりしたご支援金です。有意義に使わせて頂かなくてはいけません。

それでも今はちゃんと言わなければいけないと思います。
どうかどうか、アルマで頑張っている子たちに、ご支援とご協力をよろしくお願い致します。

■ご支援の送金先
三菱東京UFJ銀行 金町支店 (普)0139595 一般社団法人アルマ
ゆうちょ銀行 10180-53042571 シヤ)アルマ



スポンサーサイト

category: わんこ

tb: 0   cm: 6

コメント

No title

チャミのお母様

先日は里親会にご足労頂き、スタッフへの差し入れまでありがとうございました!!

前から何度も書いていることですが、「里親になること」が究極のボランティアだと思っています。

いつもあたたかいお気持ちをありがとうございます!!!

はっぴー #79D/WHSg | URL
2012/09/19 21:46 | edit

No title

バーバMIKOさま

自分のうちの子だったなら出来ることが、やはり会の子となると難しい部分も多々あります。
私たちスタッフだけで活動しているのではなく、いろいろな形でご支援いただいている皆さんのご協力があってこその保護活動です。

セッターくん、私も引取り情報をみてびっくりしました。
お顔が白いけど若い子みたいですね。
状況が許せばこういう子も引き取っていけるアルマなのは、嬉しなあと単純に思ってしまいます(笑)

はっぴー #79D/WHSg | URL
2012/09/19 21:44 | edit

No title

けいせつさま

そうですね。
み~んなアルマ(catnap)っ子!!

私にも何が出来るか考えているところです。

はっぴー #79D/WHSg | URL
2012/09/19 21:11 | edit

No title

チャミの里親です
微力ながら協力させていただきますね。

- #79D/WHSg | URL
2012/09/19 15:53 | edit

No title

メリーさんもルルちゃんも
はっぴーさんのブログの
★里親募集中のダックスさんたち★から
いつも様子を拝見させて頂いている子・・・

1年前、手の尽くしようの無い状態になった
我が家の長男のことを思い起こしてしまいます。
それでも一縷の望みがありさえすれば
最適な処置をしてあげたいと思うのが親心ですね。

何とか私も頑張りますから。


草加保健所に収容されていたアイリッシュセッターは
アルマさんが引き出してくださったようですね。
大きい子の預かりさんが少ない中、ありがとうございます。
お顔を見るとシニアのような気もしましたが5~6歳なら若い方ですね。
家族が探さないのか、探し方が分からないのか・・・

沢山の子が頑張っていますね。
私も負けられない~

バーバMIKO #79D/WHSg | URL
2012/09/19 14:01 | edit

No title

よっしゃ
トトの兄弟が困ってんだもんな
みんな頑張れ!

けいせつ #79D/WHSg | URL
2012/09/19 04:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/474-b7f21830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop