Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »ドイツの犬事情~日本との相違

ドイツの犬事情~日本との相違  

前回はドイツのティアハイムについてのお話をしましたが、今回はドイツにおける犬事情の話をしたいと思います。

まず最初に頭に浮かぶのは「犬税」ではないでしょうか。
ドイツでは犬を飼育するにあたり税金がかかります。
地方自治体の税金なので地域によって金額は変わりますが、ベルリンで1頭目は120ユーロ、2頭目からは1頭あたり180ユーロを一年間に支払います。つまり2頭飼っていれば年間300ユーロ、3頭ならば年間480ユーロと多く飼うほどに割高になるようになっています。ちなみにティアハイムから引き取られた子に関しては1年目の課税が免除されそうです。また盲導犬・介助犬・救助犬などは訓練中の犬も含め税金は免除されるそうです。
この犬税は犬にまつわることに使用されるものではなく無責任な飼主を減らす為に導入された税制で犬の頭数を間接的に制限する役割を持っています。

ドイツではホームレスのほとんどの人たちが犬を飼っています。犬を飼っているホームレスには国から補助金がでるので、中には補助金目当てで飼う人もいるのですが、国としては「一頭でも多くの犬を救うこと。そして動物を育て共に生活していくことで、心を豊かにし、社会復帰へとつなげて欲しい」という目的があるそうです。補助金が出るとはいえ、狂犬病やワクチン接種などが義務づけられているので、やはり犬が好きじゃないと一緒に暮らすことは出来ないですよね。



Homelessdog1




そしてドイツでは電車などの公共機関もケージに入れることなく利用することが出来ます。たいていが子供運賃を支払えば一緒に乗ることが出来るそうです。レストランなども半分くらいのお店が同伴出来るということです。夢のようですね。


Densha





陸続きのヨーロッパでは犬にもパスポートがあります。
これは動物がヨーロッパ内を旅行するときに必要で、飼い主の身元、動物の写真と特徴、マイクロチップの番号、狂犬病の予防注射表、その他の予防接種表などが記載されています。



Pas1


Pas2





そして、ドイツと日本で決定的に違うのが法律です。
ドイツの動物保護法ではとても細かく、厳しくいろいろなことが定められています。
犬に関しての政令を抜粋してみると・・・


第2条 飼育に関する全般的規定

(1) 犬には、フェンスに囲われた飼育場(檻)もしくは繋留場の外に屋外の運動場が充分に与えられるとともに、犬を飼養し世話する、もしくは世話すべき人(飼養者)との交流が充分に保証されねばならない。運動場および社会的交流は、犬の種類、年齢、健康状態に適合したものでなくてはならない。

(2) 複数の犬を同じ敷地内で飼育する者は、他の法規定がこれに反しない限りは、それらの犬を原則的に群れとして飼育しなくてはならない。犬の使役方法、犬の行動もしくは健康状態のために必要とあれば、集団飼育を見合わせることができる。

(3) 一頭飼いの犬には、共同生活に対する犬の欲求を満たすために、毎日数度にわたって相当時間、飼養者と交流できることが保証されねばならない。

(4) 8週齢未満の子犬は、母犬から引き離してはならない。


という具合です。
日本でも同じようなことは定められていますが、ドイツはここからがすごいんです。

上記のようなことをさせるために、ひとつひとつ細かい条項が決められています。簡略化していますが・・・。


○屋外で犬を飼育する者は以下の点を心がけねばならない。
犬舎外に風雨があたらずかつ日陰となる断熱材を敷いた寝場所を随時使用できるように設けてやらねばならない。犬舎は犬がその中で行動を妨げられずに動くことができ、かつ横になれること。また暖房が設置出来ない場合は犬舎内の温度を犬の体温で保てる大きさであること。

○屋内飼育は、自然採光が確実に保証されている室内でのみ許される。自然光を採り入れるための窓面積は少なくとも床面積の8分の1に達していなければならない。自然採光がほとんどできない室内の場合は、さらに自然の昼夜の長さに合わせて照明を施さねばならない。

○フェンス(檻)内での飼育は体高50cmまでの犬は6㎡以上の面積を自由に使用できなくてはならない。フェンスの高さは後ろ足で立ち上がった前足の先端が上端に届かない寸法としなくてはならない。
フェンスの少なくとも一側面は犬が外を眺められるものでなくてはならない。フェンスが屋内に置かれている場合には、犬が自由に屋外を眺められるようにしなくてはならない。

まだまだ沢山の決まりがあります。
これらに違反した場合は約350万円の罰金に処せられます。
もちろんこれ以外に繁殖にかかわる細かい法もありますし、とても厳しく取り締まりも行われています。

これ以外に法令ではないのですが、大体の犬が「犬の学校」で厳しくしつけを勉強するそうです。こうすることで犬が最大限の自由を手に入れることが出来るんですね。

ティアハイムは素晴らしい施設です。日本にもこのような施設が出来ればいいとも思います。
でも、ドイツのようにここまで徹底した法整備がされ、国民の意識レベルが高くないとティアハイムを実現するのは難しいのではないかと思います。
今の日本ではティアハイムを作っても動物を捨てる人は捨て、ただ子犬をとるために繁殖を繰り返す業者がペットショップに子犬を卸し、またペットショップで安易に買う人がいて、また捨てる。このループは止められない。

では今私たちはなにが出来るんでしょう・・・。
次回はこのあたりを考えたいと思います。


つづく。






いろんな人に読んでもらえますように・・・
のポチっとな




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
スポンサーサイト

category: わんこ

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

Kさま

今私たちがやっていることは決してムダなことではないけれど、保護犬猫を助けるという観点でみると、やはり行政の壁にブチ当たります。

いつも歯がゆい思いばかり。
でも目の前の命も助けてあげたい。
難しいことだらけだけど、自分に出来る事から始めたいです!

はっぴー #79D/WHSg | URL
2012/03/12 23:59 | edit

No title

3回にわたっての記事、とても深い内容でした。

動物に対しての意識がまだまだ未熟な日本。
いつかはドイツのように、きちんとした法整備が成される事を願います。

政府主導ではなく保護団体さんによる現場の声に
耳を傾けてもらえたら、どんなに良いだろう。

NPOに登録・未登録に関わらず
保護団体の皆さん、誰もが一生懸命に頑張っていらっしゃる。
そうした現場の声が届けば
大きな岩も動かせるのかな…、なんて思うのです。

動物たちと共に幸せに暮らす。
未来の日本がそうなったら素晴らしいですよね。

はっぴーさんが言う通り
団体さんの枠を超えて、横の繋がりができたら
助けられる命がもっとありますね。

本当にたくさんの人の目に触れてほしい記事です!!

K #79D/WHSg | URL
2012/03/12 15:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/546-c0ebc521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop