Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »すべてのワンニャンの為に!日本福祉動物病院開設!

すべてのワンニャンの為に!日本福祉動物病院開設!  

私が預かりボランティアをしているcatnap以外にも、たくさんの犬猫保護団体があります。
その中の一つである、「犬猫救済の輪」さんでは、飼い主がいる犬猫も飼い主のいない犬猫も、同様にその命を尊重し、病気や怪我の治療が受けられるようにしてあげたい、という趣旨のもと、

「日本福祉動物病院開設」を開設されました。

下記、「犬猫救済の輪」の代表の方の決意表明です。(HPから転記)
ちょっと長いですが、ご一読頂けたらと思います。

『五十歳の志』~動物福祉病院設立に向けて
30代後半から、野良猫達の厳しい現状を知り、私の人生は、大きく変わりました。
人間による動物達の不幸。生まれてきたくて生まれた訳じゃない。不妊手術もしてもらえず、生まれてしまったと繰り返し捨てる人間の非情。
赤ちゃん、子猫、がどうして自力で生きていけるでしょう。

小さな体で、生きる場所さえ認められず、空腹の連続、雨が降らなければ水もない。ノミ、ダニ、寄生虫。凍える寒さ、病気になっても誰も助けてくれない。人の手のぬくもり、甘えることも知らず、空腹と苦しみと孤独の中で、死を待つだけ。助けられる限り助けてきました。
野良猫の不妊手術も個人でできる限り施して2000匹ちかくになります。できる限りの保護、できる限りの里親探しもしてきました。けれど、それは、ほんの一部にすぎません。

不幸な犬猫達は、後を絶たず、数え切れないほどいるのです。個人の力では、限界があると、行政への働きかけもしております。しかし、相手を動かすことには、時間がかかります。

2005年12月27日で、私、結 昭子は、五十歳になります。
私に残された人生、動物達のために、社会のために貢献できることは何か、私自身に何ができるのか、よく考えてみました。何もかもはできません。
とにかく、不妊手術を施すことで、不幸な命の発生を未然に防ぐことが重要。飼い主がいる犬猫も飼い主のいない犬猫も、同様にその命を尊重し、特に、恵まれない弱い立場の動物達も、病気や怪我の治療が受けられるようにしてあげたい。

そのための動物福祉を目的とした動物病院を開設したい。

その準備にとりかかります。資金は、すべて、2000匹ちかい野良猫の不妊手術と、救済活動に費やしました。資金ゼロからの、スタートです。
資金がないからといって、10年後の開設では、遅すぎます。体が十分に動くうちに始めるには、遅くとも5年後には、開設しなければなりません。後の5年は、軌道に乗せ、充実した内容で、次の代がしっかりと引き継いでいけるように整えなければなりません。

残念ながら、私は、獣医ではございません。けれど、病院を開設することはできます。活動を始めた10年前、数千万円の資金が手元にありました。しかし、病院開設には億の資金が必要と思っておりました。
今、資金ゼロまで使い果たした時に、少しの設備と獣医さんへの手当てさえ準備できれば、そこからスタートできるのでは、と考えるようになりました。具体的には、1千万円を目標に、スタートしたいと考えております。
願うは、全ての生命の共生です。

難題を乗り越え、この、『五十歳の志』必ず、実現することを胸に誓います。

2005.12   犬猫救済の輪・代表 結 昭子



そして、つい先日実際に病院を開業されたそうです。
すごいですよね。尊敬します。
もちろん、catnapの代表のことも尊敬しております。女子、強いですね!

保護ワンニャンへの取り組み方は皆さんそれぞれだと思います。
でも、こんな風に活動されている方もいるのだということ、ちょっとご紹介したかったのです。
一歩一歩前進あるのみですね!











殺処分0を目指して!のワンクリックを!
                          にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

スポンサーサイト

category: わんこ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/72-1dc600af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop