Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »犬って家族じゃないのかな?

犬って家族じゃないのかな?  

今日はちょっぴりマジメモード。




私ごとながら、うちの子のリンが虹の橋へ旅立って今日で半年が過ぎました。
本当はお墓に入れてあげなくちゃいけないのでしょうが、リンは私と同じお墓に入って欲しいと思っているので、お骨はリビングの片隅(というかど真ん中)にいてもらっていますし毎日のお線香とごはんも欠かしていません。



リンは一足先に旅立ってしまったけれど、今でも私にとっては大切な家族です。




実は昨夜、アルマの卒業わんこが迷子になりました。

最初に言っておくと、今日の午後になって無事に見つかりケガもしていなかったということ。本当によかった。




その迷子になった子は私がお見合いやトライアル時に立ち会った子でもあり、昨夜も預かりさんから早々にご連絡をいただいていました。夜の9時近くだったにも関わらず、預かりさんはもちろん、代表とケイトさんも現場に駆けつけたそうです。
私も見つからなかった場合は今日の夕方から捜索に行くつもりでした。




その迷子になった原因というのが、ノーリードでのお散歩だということ。



ちょっと信じられませんでした。

アルマではトライアル時にキチンとした書類を里親さんとかわします。そこには当然のことながら、ノーリード禁止が明文化されており、その書類は声に出して読み上げることにもなっております。
法律としてもノーリード禁止とされており、犬と暮らす人なら誰でも知っていることですよね。※正確には法律ではなく条例でしたね。




迷子になった子はちょっと難しいタイプの子でしたし、譲渡してからまだ1年も経っていない子でした。もちろん、難しい子じゃなくても5年10年一緒に暮らして性格を熟知しているとしても、犬に絶対はありません。




本当によく聞くのが、ウチの子は大丈夫だからっというセリフ。



その根拠はどこからくるのかといつも疑問に思います。



今回は無事に保護されましたが、もし車道に飛び出していたら?そのタイミングで車が走ってきたら?
考えるだけでもおそろしい。




当事者である里親さんも反省されていると思います。(そうでなくちゃ困るのですが)
今回このことをブログに書いたのは、里親さんを責めるという事ではなく、こういう気の弛みからくる事故が私たちのように犬と暮らしている全員に起こりえることなんじゃないかと思ったからです。



ノーリードは完全に飼い主の責任ですが、もしかすると首輪が抜けてしまうかもしれない、もしかしてリードがちぎれるかもしれない、もしかして自分が転んだ拍子にリードを離してしまうかもしれない。




犬に絶対はないように人間にも絶対はありません。だからこそ、いつも注意をしていなくてはいけないし、ウチの子は大丈夫という過信はするべきではないと思うのです。




犬は大切な家族なのですから。



今日もれいちゃんのお話が出来なくてすみません。
もちろんれいちゃんはとっても元気ですよ



Dsc_0133



れいちゃんはいい子だねーって言ってたんだよ
明日こそれいちゃんのアピールをがんばらないと。
あ、そうそう。夏の間お休みしていた里親会ですが、9月からは再開します
れいちゃんも参戦しなくちゃね




里親会でれいちゃんに会わなくちゃ

のポチっとな

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
スポンサーサイト

category: わんこ

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

maraさま

こんばんは♪
本当にわんこがノーリードになった時の恐怖感といったらないですよね。
自分の家の 子じゃなくてもドキドキしちゃいます。
確かに他人にノーリードはダメですよってなかなかいいづらいですよね。お気持ちわかります。
maraさんおっしゃるように、首輪がストレスになるということでしたら、ハーネスをオススメするのがいいのかもしれませんね!
わんこにとっては首輪よりラクチンだと思いますもの。

そしてタイミングがあれば保護犬をというお気持ち、ありがとうございます!
確かにアルマでは関東近県の方を対象に譲渡をしております。それは、トライアル中や譲渡後のフォローやお見合いお届けなどの交通費をご負担いただくことなどを考えてのこと。なので遠方の方への譲渡は積極的にはおこなっておりません。
基本的にはご自宅近隣のボランティア団体さんからお迎えになられた方がいいかと思います。
ただアルマはその活動方針ゆえ、高齢の子や問題があってご縁が遠い子も多いのが事実です。
そういう子に是非と言ってくださる方には出来るだけお気持ちに応えていきたいとも思っております。
maraさんが是非この子をという場合には一度ご相談いただければと思います!

はっぴー #79D/WHSg | URL
2013/09/04 22:27 | edit

No title

二度目ましてです。いつも、読ませていただいてました。今日のはほんとうなずけることばかりで・・実は最近お友達ワンコなのですが書かれていたことが実際起こりました。迷子とまではいきませんでしたが、首輪がするっと抜けて逃げてしまったのです。前から飼い主さんは首をしめたくないからとかなりゆるめに首輪をしていました。首の負担を考えてのこと気持ちはわかりますが、ずっと心配でした。いつか、こうなるのではと。そのワンコは苦手なワンコがくるとすぐ車に逃げようとします。今回もそうでした。すぐ、車のとこでつかまえられましたが、また、すぐ、首輪を抜けて逃げてしまったのです。幸いまた、すぐつかまえたので何事もなくすみましたが、すごく怖かったです。公園のそとは車も走ってるし、何かあってからではと。私も首輪は心配で何度か首ぬけしないようにしたほうがいいと伝えはしたのですが、思うところが違うようで直してもらえませんでした。離れても戻ってくると思っているようでして。私よりもずっと年齢上の方なので強くもいえなくて・・でも、わんこの命は私たち人間にかかっているんですよね。どんなに通じていると思っていても、絶対はない。大切な家族、しっかり守らなきゃですよね。私も、もう一度、首の負担にならない首輪やハーネスなどどうか、お話してみます。
今はラブゴルの大型犬と暮らしてますが、初代はダックス。やっぱり気になっていつもみています。ゴルは里親なので、どうしても、保護犬は気になります。今は無理ですが環境が整えば三頭目はダックスを保護犬からと思っています。そちらの譲渡範囲は関東周辺、家は東北のほうなのですがご応募は難しいでしょうか。お聞かせ願えたら嬉しいです。

mara #79D/WHSg | URL
2013/09/04 05:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alldogbehappy.blog.fc2.com/tb.php/760-9992bc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop