Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »東京センター引出し

東京センター引出し  

昨日は東京センター本所から犬2匹の引取をしてきました。
先週のセンターヒアリングの際に、飼い主持ち込みがあったばかりで、と職員さんに伺った子たち。
どんな子か、簡単なヒアリングだけしかできなかったのですが、預かりスタッフも早々に目処がたち
晴れてシャバに出て頂きました(笑)


まずは、茶プーさん。

IMG_0497.jpg

もうね、もじゃもじゃなわけです。
飼い主申告は1歳。。。
もじゃもじゃの中で見える歯が真っ白
いままでトリミングされたことなかった?というくらい、体中毛玉だらけでした。
サロンにつれていったら、これはバリカンしかないですね、と
仕方ないです。まずはつるっときれいにしてもらって、ご縁探し頑張ろう


ってことで、トリミング後がこちら。




250479LINE.jpg



えーっと。


どちらさまですか??

というくらいの変身です(笑)
なるほど〜、トリミング犬種ってこういうのが楽しいのね。と変に感心してしまった


そしてもう1匹がこちらの男子。

IMG_0505.jpg


お顔はシュナっぽいですが、純血のシュナではないようです。
なにのMIXなんでしょ??
この子はそれほどもじゃもじゃではなかったので、お顔まわりをキレイに整えてもらいました。


250475LINE.jpg



うん、かわいい
この子は飼い主申告3歳だったかな。

この子たちは同じ飼い主からの持ち込みです。
もう1匹のコーギーさんと一緒に3匹で持ち込みされました。
その理由は、本当にたいしたことない理由ですよ。

平たく言うと、自分たちでは面倒みれません。だから殺してくださいね。

っとセンターに持ち込んだんです。
はあ??

もうね。。。。 死んでしまえ。と思う訳です。
いや、いいよ。死ななくていいよ。
でももう一生ペットなんて買うな。飼うな。

あ〜、腹立たしい。。


もう1匹のコーギーさんは、どすこいと大きい子で、すぐに預かり先が見つかるかというと
なかなか難しいのが現状です。
コーギーさんはセンターでお声をかかるのを待っています。
一緒に出してあげられたら良かったけれど。ごめんね。。


最近は収容犬数が随分と減ってきたけれど、やはりいつ行っても犬がいないことはありません。
その中から、犬種や性格、預かり先へのマッチングなどいろいろと相談ながら引出しをしています。

本当はどんな子でも引出してあげたい。
いつもそう思います。でもそれは理想論であって現実的ではない。
だから、たくさんの登録保護団体が、それそれが引出せる子を引出してバランスが取れているんだと思います。
それも、危ういバランスの上でですが。。

アルマでもシニアの子も若い子も会の中でのバランスを見ながら引取を進めています。
こうして引出し、医療措置、そして譲渡へと命を繋ぐ事が出来るのは、皆様の応援やご支援のお陰です。
あらためてお礼を申し上げたいです。
本当にいつもありがとうございます。


今回引出した、茶プーさんはコチラのおうちに。
シュナMIXくんはコチラのおうちで預かって頂きます。

2わんの応援、引き続きよろしくお願い致します








もちろん応援するわよ
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ











スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop