Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »ダックス捨てるな!

ダックス捨てるな!  

先日のブログで、どこのセンターにも必ずいる犬種ということで一番にダックスをあげました。
代表のブログにも書かれているように、特に高齢の子の遺棄がどれだけ多い事か。

「遺棄」と書きましたが、収容情報に掲載されているということは、センターでの書類上は「迷子」となります。
でもね、でも。どっからどう考えても迷子になれないような子が収容されているんです。
どうやったらこの子が「迷子」になる?
下肢が動かない子。目が見えない子。
だから敢えて「遺棄」と書きます。

これはダックスに限った事ではもちろんありません。
でも、ここ最近の収容情報にはみるのも切ないような子たちがたくさん。
飼い主が現れる事は多分ないと思う。
でも、多くの人の目に触れる事でこの子たちに生きるチャンスが生まれればと心から思います。

東京で収容されている子たち。


57870b40acd2f.jpg

この子は今日が収容期限でした。
見るからにシニアです。




578845e00b919.jpg

この子は城南島に収容されています。明日26日が収容期限です。
城南島に収容されているということは、何らかの外傷が見られるという事です。




578dd9b52b8b0.jpg

この子も明日が収容期限です。
見た目はきれいな子。お迎えは来ません。




579183130a459.jpg

この子の期限は少し先の8月1日です。
それまでにお迎え、くるでしょうか。哀しそうな目をしています。




579576921c662.jpg

この子
今日収容されました。
この写真一枚で状態の悪い事が見て取れます。
ガリガリで毛はボロボロ。目やにもでてお口あたりが大変な事になっています。


東京だけでこれだけの数のダックスが今います。




そして、埼玉の川口保健所にもダックスさん。

2016-07-0007_02.jpg

この子の情報はもう少しあります。

「左胸部腫瘤あり」


人間の皮をかぶったモンスターが犬を買って行っています。
こういう子を遺棄するような人には私たちの声は届かない。
そして捨てられた子がどれだけ飼い主のことを愛していても、モンスターには伝わらない。

本当に本当に悔しい。
悔しい。悔しい。悔しい。悔しい。

そして、すぐに手を差し伸べることが出来ない自分が情けなくて悔しくて苦しいです。
こんなブログを書いてもこの子たちに何の助けにもならない。
でも、こういう現実があること。知って欲しいのです。




なんとかしてあげたい
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ





スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 2

コメント


ちょっと可愛がりたいくらいの気持ちなら、どなたかお知りあいの飼っている子でも時々触らせてもらって下さい、
と言いたいです。

遺棄した人は、もう二度と生き物は飼わないでほしい。
一生十字架を背負って生きてください。
自覚がなくてもどこかで必ず自分に返ってきますけどね。

kabomanaママ #- | URL
2016/07/27 17:54 | edit

少しでも


この酷い現実を知ってもらいたい。

安易に遺棄をしないように
・・・ではなく、安易に飼わないように!

ダックス、犬、猫ばかりではなく
鳥も爬虫類も、そして魚も・・・
一旦家族として迎えた生き物を遺棄することは、人として恥ずべきことだ。
という意識を皆が持つようになってほしい。

シェアさせてくださいね。

バーバMIKO #mu6TM7Oc | URL
2016/07/27 09:43 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop