Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »やりきれないことばかり

やりきれないことばかり  

最近は悲しい事ばかりが続いているような気がします。
先日長崎で起こった個人の多頭飼育崩壊。
50匹ものマルチーズが保護されました。

代表のブログの記事はこちら。


アルマでも8匹のマルチを引き受け、里親さん探しをしております。

ここの現場の写真もひどいものでしたが・・・
昨日発覚した、またもや長崎での多頭飼育崩壊。
40匹以上のMIX犬たちが保護されました。

代表のブログの記事はこちら。

今回は飼い主が亡くなったこと自体が気付かれず、2週間ほど経過したのちに発覚したそうです。
飼い主が亡くなってからの2週間、犬たちは水も食べ物もない状態で生き抜きました。
中には死んでしまった子もいたそうです。

この現場は、さらにひどい。
ここに人が住んでいたの?
信じられない現場です。
ここまで廃墟のようのなっているのなら、隙間から犬達が逃げられるようになっていたら
死なずにすんだ子もいたかもしれない。

こうなる前になんとかならなかったのだろうか。
例えば飼い主に親族や付き合いのある人はいなかったのだろうか。
近隣の方は、この状況をなんとかしようと思わなかったのだろうか。
行政はこの家のことを認知していなかったのだろうか。

こういう人間の仕業で傷つくのはいつも、何の罪もない犬達。

アルマでは数匹の子犬たちを受け入れる予定です。



最近、耳に入るわんこの話はつらい事ばかりです。
人間も犬も年をとるのは仕方のない事だけれども、まだ早すぎるよということが多い。
むうちゃんのこともしかり。
チワワの赤ちゃんのトキちゃんも。
病と闘っているわんこもたくさんいます。

どんな子でも必ず最期を看取らなければならないのは十分わかっているのだけれど
うまく心の中で整理ができない日々が続いています。

唯一の救いは、東京センターの収容犬が最近とても少ない事。
でもこれから年末にかけて遺棄が多くなるのが毎年の傾向です。
このまま年を越せればいいのに。


スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 1

コメント

やはり


さきほど「モカママのブログ」を読み
もしやと思って、こちらへ来たら・・・

実際に見ている訳ではありませんが
かなり酷い状況というのは分かります。

人と犬の生活を想像するだけで、やり切れなくなります。

地域教育さえなくなっている昨今
地域での繋がりが希薄になってしまった挙句の不幸なのでしょうか。

バーバMIKO #mu6TM7Oc | URL
2016/12/17 17:11 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop