Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »お見舞いの週末

お見舞いの週末  

先週末は、わんこのお見舞いに行ってきました。
先だって書いた記事にもあるように、まわりのわんこはいろいろと抱えている子が多いです。
先週はとてもつらいお話ばかりで、一刻も早く会いたい子たちに無理言って会わせて頂いていました。

まずは、みずママお預かりのアルマっこのセントくん。
みずママとはとても仲良くさせてもらっていて、たまにおうちにも行ったりしていました。
その時にはセントくんをいじくりまわしたりしていたのです(笑)

そのセンちゃんは、最近体調がよろしくなく、発作も始まったそうです。



sen3.jpg



夜中に起こる発作は、愛息ビリーくんのそれとそっくりなんだそうです。
今は足に力が入りにくく、介助しながらの歩行がやっと。
あんなに食いしん坊だったのに、食べれたり食べれなかったりするそうで、毎日試行錯誤だそうです。



sen2.jpg



お見舞いに馬肉ジャーキーを持って行ったら、寝ながらバリボリ食べてくれました。
何でもいいよ。食べられるものを食べられるだけ。
腎臓の数値がよろしくないのはわかっているけど、もうそういう段階は過ぎたのかもしれません。
今は食べたいものを何でも、ね。



sen1.jpg



みずママもお仕事をしているので、短いけれどお留守番があります。
もちろん、危険がないようにいろいろな対策をした上でではありますが、それでもお留守番から帰るたびに、ちゃんと生きているかとドキドキするそうです。

セントくんはもうスーパーおじいちゃんなので仕方ないのだと思います。
でも、少しでも穏やかな時間が過ごせるようにと願ってやみません。



そして、日曜は我が家の卒業っこの天ちゃんのお家へ。
天ちゃんとアンディは、かなり異例ですが2匹同時譲渡でした。
天ちゃんは我が家から。そしてアンディはけいせつさんのお家から。
2匹同時にお見合いをして、2匹同時にトライアルへと進みました。



左が天ちゃん。右がアンディです。
IMG_3346.jpg



天ちゃんもアンディもとってもいい子でお互い仲良く過ごしています。
でも、先日天ちゃんのお腹に腫瘍がみつかりました。
里親様は天ちゃんにできることはなんでも、というお気持ちです。
天ちゃんは大きな病院で大きな手術をしました。
摘出した腫瘍は1キロちかく。
その前から腹水もずいぶん溜まっていて、一時期9キロくらいになってしまった体重が
術後は7キロほどになったそうです。



IMG_3334.jpg



一緒に写真撮ろうとしたけど、うまくいかない。。

先週退院予定だったので、そのお見舞いにと前から予定していた訪問ですが
直前に里親さまからメールをいただきました。

天ちゃんの余命宣告。

天ちゃんの腫瘍はとっても悪いもので、腫瘍自体は取りきれたけれど、がん細胞が血液の中にあって
体中を巡ってしまっているそうです。
今後、治る見込みはないときっぱりと先生に言われました。
この病気に罹患した子の平均余命は4ヵ月。
これは抗がん剤治療をした子も入ってのデータだそうです。

泣きました。
いろんなことが重なりすぎてて。
こらえきれなかった。



IMG_3327.jpg



里親さまからのメールを見て、たくさん泣いて。
そして心を決めて天ちゃんに会いに行きました。
里親さまの前では絶対に泣かない。
一番苦しいのは里親さま。私がメソメソしちゃいけない。

ありがたいことに、天ちゃんはいつも通りにかわいくて、食いしん坊で天然さんです。
がんばるんだよ。がんばるんだよ。
アンディ、天ちゃんのことよろしくね。

たくさん話しかけてきました。

天ちゃんはこれから悪いがんと闘います。
心から応援したいです。



そしてこの日、天ちゃんの後にうかがったのは、同じく我が家の卒業っこのネロさんのおうちです。
この前日に里親さまからこの写真が送られてきました。



nero.jpg



酸素室に入っているネロさん。
衝撃でした。

その2日ほど前に里親さまから、ネロさんが腎臓が悪いらしいという連絡は頂いていました。
でも、こんな状態になっているなんて。

翌日は天ちゃんに会いにいくことになっていましたが、午後には身体があくので、ネロさんに会いに行ってもいいでしょうかと伺ったところ、ぜひ来てくださいと言ってくださり、急きょ決まったことでした。



2日前は兄妹のぴかちゃんと一緒にひなたぼっこしていたのに。

nero2.jpg




今のネロさんは歩くのもままならず、ご飯も全然食べられないそうです。
一日、ほぼ寝ている状態。

里親さまはお仕事もしていますが、近くに住む娘さんと一緒に24時間介護をしてくださっています。
朝晩病院にいって、点滴と様子をみてくれているそうです。
本当に愛されているネロさん。

毛布にくるまれたネロさんをしばらく抱っこさせてもらいました。
痩せて小さくなってしまったけど、とても暖かい。
しんどいのでしょう、抱っこしている間、ずっとうとうとしていました。



DVC00024.jpg



写真はネロさんが我が家にいたころに撮った写真です。
ネロさんは我が家の4代目の預かりっこで、実は自分のお家の子にしたい!と思った子でした。
約7年くらい前、推定6~7歳でしたので、今は13~4歳でしょうか。

まだ早いよ。
がんばっておくれ。

里親さまも一生懸命看病してくださっています。
もう一度、一緒にお散歩にいけるようにとがんばってくださっています。
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。


どの子も幸せなのは間違いない。
だから、少しでも長く愛する家族と一緒の時間を過ごしてほしいと思うのです。






穏やかな時間を過ごせますように
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop