Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » むう »むうちゃん、四十九日

むうちゃん、四十九日  

早いもので、むうちゃんが旅立ってから四十九日が経ちました。
なんだかずいぶん前のような気もします。
むうちゃんが旅立ってから他のわんこにもいろんなことがあったからかな。

昨年末にかけて、悲しいことや悔しいことなどがたくさんありました。
でもね、年が明けてからは心配だった子たちのご縁がつながったりと、嬉しいお知らせもあります。

いいこともあれば悪いこともある。
誰のせいでもないこともあれば、誰かのせいのこともある。
毎日、そんな現実と向き合っていくために、頭を整理しながら、心を整理しながら
目の前にあることをひとつずつ。

今年も1匹でも多くの子たちを幸せさんにつなげていきたいなあと思います。


四十九日が過ぎたら、また預かりスタートです。
もちろん、そんな子がいないことが一番なんですけどね。

アルマの動きはもう始まっています。
今日は横浜センターから下肢が立たないダックスMIXの女の子を引出ました。



319300.jpg

319301.jpg




これは昨年末からの案件でした。
まだ若いけれど、事故にあったのか下肢が動かすことが出来ない。
前脚だけで元気に動いている。排泄は垂れ流しの状態らしい。

すでにセンターに2ヵ月程いた子です。
アルマが引出さなければ処分と言われました。
年末、この子の事を知り年末年始の間、ずっと気になっていました。
フルタイムで仕事をしている私にこの子の面倒がみれるのだろうかと自問自答していました。
でも、ある預かりスタッフさんがこの子を預かりますと手をあげてくださいました。

紫陽花さんです。
紫陽花さんはカフェをされていて、お店の片隅にいてもらえればとおっしゃってくださいました。
まずは下肢の状態をきちんと診断してもらい、今後のQOLを考えながら医療措置をしていく予定です。
時間がかかっても里親様が見つかると信じています。
ゆっくりとご縁探しをして、素敵な家族が見つかりますように。
皆様、応援をよろしくお願いいたします。


そして、今週末には東京センターからと埼玉のセンターからの引出しも予定しています。
こちらも大変な子がいるのですが、その子も預かりますと言ってくれる預かりスタッフさんがいたから
引出しができます。

その子のお話はまた次回に。

頼もしいスタッフがたくさんいる。嬉しくてありがたくて胸がいっぱいです。
そして、こういう子たちを引き出せるのも皆様のご支援があってこそです。
本当にいつもいつもありがとうございます。

よし、私もがんばろう!




ダックスMIXさん、頑張るんだよ
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ






スポンサーサイト

category: むう

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop