Be Happy!~幸せになるために~ ホーム » わんこ »東京センターでのPWJの見解

東京センターでのPWJの見解  

みなさん、ご存知の通りアルマは東京近隣のセンターに登録していて、センターから犬猫を引き出しております。
センターに登録、と一言で言っても、うちの団体もセンターから引き出すので登録してください、と言って
簡単に登録できるものではありません。
東京センターにおいては、まずは犬猫を適切な形で譲渡をしているという実績が必要です。
なすべきことをして(医療措置や不妊手術など)きちんとした形で譲渡をする。
具体的な数字は定かではありませんが、相当数の犬猫が譲渡され、かつ適切に運営されている団体が
初めてセンターの譲渡対象団体として登録することが許されます。

この譲渡対象団体は年に1度、センターが開催する研修会に参加することが義務付けられています。
今年の研修会が先日開催されました。
アルマからは、私とtoyoさんが参加。
講習を受けてきました。

現在、東京の譲渡対象団体の登録数は56団体(個人活動も含む)。
研修会にいたのは40人くらいでしょうか。各団体一人できている方は少ないようだったので
団体としては25〜30団体くらいの方が参加したのかもしれません。
もしかするともう少し少ないかも。

ちょっとびっくりしました。
もちろん、数字として登録団体数は知っていました。
でもどれだけの団体が定期的にセンターから引き出しをしているのかはわかりません。
センターの人はどの団体が出した、ということは言いませんので。

東京はこれだけの人が集まるくらい団体数が多いのかと。
最近は若そうな子で期限が切れても他団体からのオファーがないことがよくあります。
とても不思議。
逆に、特定の犬種には収容したその日にオファーが入ることも。
もちろん、各団体とも助けたい犬種にはこだわりがあったりするのでしょう。
特に小型犬は収容される子が少なくなってきていますし
保護する段階でも細分化の波がきているのでしょうかね。

少し話がずれました。。


今回の研修会では主に人とのコミュニケーション術をメインに話が行われました。
言葉の選び方や言い方一つで避けられるトラブルがあるのではないかということです。
ま、確かに。
こういう活動は最終的には人と人との繋がりが大事ですものね。
対里親さん、対預りさん、対ご近所さん。
人とちゃんとコミュニケーションを取ることで無用な争いを避けることができるなら
それに越したことはありません。
ケースバイケースですけどね〜。。

あとは東京センターの活動報告。
熊本地震の際にどういうことを協力したか、などなど。

およそ3時間に及ぶ研修会でした。


この機会に、センターの方に確認したいことがありました。
巷で噂になっているピースワンコジャパンのことです。
少し前にセンターの職員さんと立ち話程度ですが、PWJの件が気になっていることは伝えていました。
今回の研修会でこの件に関してのセンターの見解を是非とも聞きたいと思っていました。

おそらく、最後にあるであろう質疑応答で話題に出ればと思っていましたが
結局、お時間になりましたので・・・と発言する機会ももらえず会は終了。




え?


これでいいのかい?



いや、よくないでしょ。
今まで真剣に東京都の犬猫を引き出して不妊手術をした上で譲渡をしてきた団体からすれば
自分たちが築き上げてきた場所に、他県から未不妊の犬たちを連れ込み、さばいていくようなことをされたら
たまったもんじゃありません。

実は、先日世田谷に新設されたPWJの施設に見学に行きました。
すでに、広島から連れてきた未不妊のわんこたち、7〜8匹が譲渡済みとのこと。
その日にいたワンコも皆未不妊でした。
ワンコのスペースは1頭ずつでその子の性格や年齢などのボードが貼ってありました。
そこには不妊、未と大きく書かれていました。
対応してくれた方は、うちは全頭マイクロチップを入れています!とおっしゃっていましたが
この子が震災などで逃げ出した場合、確かに捕獲されれば飼い主の元に戻れるかもしれない。
でもね、逃げ出している間に他の犬とコトをいたしちゃったらどうすんの?ってことなんですよね。

私たち預りは、自分のお家の子は基本的に不妊手術はしています。
でも、中には病気などが理由で未不妊の子もゼロではないです。
そういう預りさんには、発情シーズンとかは関係なく、♀には♀を♂には♂を。
もしくは保護ワンの不妊手術が終わったら移動する、などの対応をしています。
発情シーズンだけ隔離すればいい、という考え方はしていません。


で、ですね。
結局質疑応答がなかったので、まだガヤガヤしている会議室で職員さんを捕まえて
聞きました。
PWJは後々東京センターにも登録すると言っている。
東京センターとしてどのようにお考えですか?

職員さんは思いっきり困った顔をしたあと、私たちの考え方と違うということでは
登録は難しいと思います、と言った内容のことをおっしゃっていました。

私たち団体はワンコをセンターから引き出した後、その子はどういう里親さんに出したのか。
畜犬登録はいつか、狂犬病予防接種をし、役所に登録したのはいつか、そして
不妊手術はいつしたのか、を報告する義務があります。
ということは、センターから出した子は不妊手術を実施する義務があるということ。

東京都が進めているこの事業には不妊は必須ということです。
ならば、現状のPWJの方針とは相反するところがあるということ。


少しだけ安心しました。
まともでよかった。

他の団体の方も、違う職員さんに同じような話を聞いていました。
そりゃそうですよね。
お金をたくさん集めて、不妊もせずに他の都県に進出する意味がわからない。。


あ、誤解のないように言いますが、決してPWJの全てを否定しているわけではないんです。
お金の集め方や話題にする方法など、心底すごいと思っています。
それにPWJがいたおかげで助かった命もたくさんあることは知っています。

でも、集めたお金で何をするのか、という部分が私には理解できないだけなんですよね。
そして広島にとどまらず、そこを飛び出してきた。
でも飛び出した先のルールは守らず、自分たちの信念だけを貫くというのはちょっと違うんじゃないかなと
思っているのです。

そこが私が一生懸命活動してきた場所だから尚更。


何が言いたいかというと、東京センターは今の所はどうやら大丈夫らしいってことです。



文字ばかりのブログですみません!!!










なるほどねえ
のポチっとな
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ





スポンサーサイト

category: わんこ

tb: --   cm: 2

コメント

私も・・・

気になっていました。

実績のある方の文章は説得力がある!
1文1文、「うん、うん」と大きく頷きながら読みました。

シェアさせてくださいね(^^)v

バーバMIKO #mu6TM7Oc | URL
2017/02/20 16:17 | edit

こんにちは。
私も、犬猫たちの個体数の正常化が大切だという考えに賛成です。
私は例の団体に支援をしたことがあります。
最近になって色々と知ったことがあって、
私は何事も知らないことが多すぎるわ・・・と実感しています。
何か行動を起こす前に、様々な角度から情報を仕入れて、
よく考えて自分がしっかり納得できてからでないとだめだなぁと思います。
自分の感覚というか、感のようなものも鈍らないようにしておきたいです。

kabomanaママ #- | URL
2017/02/19 11:54 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

バックナンバー

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ Pagetop